安心と希望を提供する

事業承継

企業支配権の承継

企業支配権とは

社長の首をすげ替えることができる権限を、『企業支配権』と言います。
具体的には、議決権のある株式(出費)の51%以上を有する人、又はグループを意味します。

企業支配権の承継とは

自社株を次の世代に移すことを、「企業支配権の承継」と言います。
具体的には、次の3つの内容があります。

 誰に          
 いつ          
 どのような方法で    

 

誰に

自社株を誰に承継するかは、事業承継の中で重要な検討課題です。
次のようなことが要点です。
 ・安定企業支配権の重要性
  株主間にトラブルがあっても、世代が替わっても、企業支配権が安定していることは、最も重要なことです。

 ・自社株(出資)の分散に注意
  ① 兄弟に持たせない
  ② 社員持ち株も注意が必要

いつ

 ・生きている時
 ・相続の時

どのような方法で

 ・贈与
 ・売買
 ・相続