大平経営会計事務所

わかりやすい大平式資金管理
2021.07.15
経営に役に立つ貸借対照表の要件

貸借対照表の目的は外部報告用と経営管理用の2つです。

外部報告用としての貸借対照表の要件

1税務署提出用→税務調査が少なくなるような要件を備えていることが必要です。

2銀行提出用→信用力が増加するような要件を備えていることが必要です。

3業者登録用→企業が良い評価を得られるように作成することが必要です。

経営管理用としては、経営者や幹部等、経営の内部の人が、良い経営を実践するための内部情報として、有用に活用できる必要があります。流動資産と固定資産の区別、流動負債と固定負債が、はっきり区分されていることが大切です。

原則として、一年以内に換金できるか否かで資産を分け、1年以内のものを流動資産と呼び、1年を超えるものを固定資産と呼びます。また、負債も同様に1年を基準とします。1年以内に返済、もしくは決済しなければならないものを流動負債、1年超のものは固定負債と呼びます。

その他の留意点として割引手形には割引手形勘定を用いて、常に割引手形勘定を把握することです。また、減価償却に関しては減価償却累計額勘定を用います。これは資産の増減を明確にし、資産の所得金額の総額を把握するためです。

 

 

関連ページはこちら 貸借対照表の意義