大平経営会計事務所

わかりやすい大平式資金管理
2021.07.15
貸借対照表の意義

貸借対照表とは、ある一時点の企業の財政状態を表したものです。

企業の流動性(支払余裕度)や長期の収益性を評価するうえで欠かせない重要なものです。

 

 

貸借対照表は図のように左側に資産、右側に負債と資本が集められています。資産は大別して流動資産と固定資産に分かれます。負債は流動負債、固定負債に区分されます。右側の下の資本のことを自己資本(あるいは正味資本)と呼びます。

貸借対照表に見る経営の留意点として、最も重要なことは正味財産(自己資本)をいかに多く残すかということです。いかに利益を上げること、もうけた利益を無駄遣いしないこと、節税を行うことの3点に要約されます。