大平経営会計事務所

わかりやすい大平式資金管理
2021.07.16
自己資本比率改善の要点

自己資本比率向上の目的は、収益性の向上と資金余裕の維持及び向上です。

 

 

自己資本比率を向上する方法は、総資本の圧縮、自己資本の増加の2つです。

総資本とは貸借対照表の資産の部の合計金額もしくは負債・資本の合計金額です。図示すると次のようになります。

 

 

総資本の圧縮とは、資産の圧縮です。具体的には次の3つです。

1 売掛金の早期回収

2 在庫の圧縮

3 不要な投資遺産の換金

自己資産の増加方法は次の3つです。

1 資本金の増加

2 資本準備金の増加

3 保留利益の確保

一般的に、時価発行増資を行わない中小同族企業では1資本金の増加か3保留利益の確保によることになります。

自己資本比率を維持するための経営の基本姿勢は、少なくとも資産の増加率と自己資本の増加率を同一にすること、できれば自己資本の増加率を大きくすることの二点です。

 

関連ページはこちら 長期的観点の資金管理の意義

          自己資本比率の重要性