大平経営会計事務所

わかりやすい大平式資金管理
2021.07.19
自己資本の管理要点

自己資本は大別して3つのグループから成り立ちます。

1 資本金

2 資本準備金(時価発行と呼ばれる増資によって得られるもの)

3 保留利益(利益を計上し、税金を負担し、配当金、役員賞与などを支払った残り)

企業の健全性を維持するため、自己資本比率の維持向上は大変重要です。

資産は増加しなければならないことに加え、増加したくて仕方ないという性質を持っています。しかし資本は、増加したくないという性質に加え、増加しなければならない理由が理解しにくいという点から、蓄積が嬉々として進まない企業が多くあります。

 

 

自己資本管理の要点は、自己資本比率の維持向上を図ることです。総資本の増加率より、自己資本の増加率を大きくすることが必要です。

自己資本比率を向上させる方法は2点です。

 

1 総資本を圧縮する→少なくとも経営上不要な資産はなるべく保有しない。

2 自己資本を増加する→資本金の増加と保留利益の確保

 

自己資本を増加しないと相対的負債の比率が高まって、資金繰りを悪化させたり、金利負担が増大して収益性が悪くなってしまいます。

 

関連ページはこちら 総資産の管理要点

          自己資本比率改善の要点