大平経営会計事務所

経営情報

税務情報

事業継承・相続情報

会計情報

経営情報
2020.12.01
1.《沈み行く企業》と決別する!!
SDGsゴール9産業と技術革新の基盤をつくろう

1.《沈み行く企業》と決別する!!

∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨Λ∨

1.沈み行く企業

中小企業の3社に1社が《廃業リスク》にさらされている。

《廃業リスク》に突入した企業に魅力はない。

売上は伸びない、従業員は来ない、企業の買い手も無い。

 

 

2.顧客思いの真面目な良い経営者は儲からない

顧客が求めるから商品ラインを拡充し、売れない商品やサービスで溢れている。

一人ひとりの顧客の要望に応えようと、足し算を繰り返してきた結果、会社は在庫の山、仕事の山に埋もれている。

「引き算」をしなければ、新しい成長に向かって進むことはできない!!

 

 

3.安定を求めても市場は崩れる

世界が変化しているのに、《変化したくない》と安定にしがみつくことは、大きな波に飲み込まれながら、同じ場所に留まろうとするようなもの、土台無理なことである。

自分の安定が崩れだした時、どうすれば新しい成長を見出せるのか??

 

 

4.従来の成熟したビジネスモデルを、抜本的に変革する必要はない!!

創業20年以上の企業は、経営の核と基盤が揃っている。

事業を続けてきたことによって形成された強い遺伝子がある。

それを《一つに絞り込んで》突破口を開く!!

一つに絞り込むことは、デジタル時代にピッタリ合う。

 

 

5.成長を見出すためには、《既存の事業にデジタル技術を導入すること》

複雑になったビジネスをシンプルに整理し、デジタルと組み合わせる。

デジタル時代は、大好きなもの、得意なものを突き詰めて考える人にチャンスが来る。

【参考書籍『マーケティング・ジャーニー』神田昌典著 日本経済新聞出版】