大平経営会計事務所

わかりやすい大平式利益管理
2021.06.29
売上アップの秘訣

売上高の増加には当然、生産設備や販売設備を拡大や従業員の増員が必須です。確実に増加していく固定費に見合うだけの限界利益額(売上高)の増加を図らなければなりません。

売上高に関する計画を立てることを「売上高計画」といいますが、利益計画の最後に算定します。
まず、利益計画の作成を実施してみましょう。作成順序は以下の通りです。

 

1外部固定費予算の作成

2控除前利益の計画

3限界利益率の予測

4売上高計画の作成

 

利益計画で算定された必要売上高の達成見込みを検討することは大切です。達成不可能な売上高計画をそのまま使うと、固定費が過大になりやすく社員の士気が低下しやすいといった欠点が発生します。

 

健全な経営を実現するために売上高計画と累計売上高、月別売上高の差異分析を行いましょう。売上高を増加させるには、この分析結果を十分に活用することが必要です。

また、売上高の計画と実績の差異分析は反復継続こそ重要であり、毎月実施することが必要です。

関連ページはこちら 売上高と限界利益率、どっちが大事?

          大平式利益管理メニュー