大平経営会計事務所

経営情報

税務情報

事業継承・相続情報

会計情報

わかりやすい大平式資金管理
2021.07.15
短期資金計画を策定しよう!
大平式資金管理

わかりやすい大平式資金管理

1年以内の期間を目標にして、資金について計画を立てることを「短期資金計画」と言います。

基本的な策定順序は次の通りです。

 

1 現在の流動性診断

2 設備投資計画の検討

3 資本増加による資金調達の予測

4 流動負債の検討

5 当座資産の検討

6 総合的な検討

 

現在の流動性診断は、貸借対照表から当座比率を算出して活用します。当座比率が100%以下の場合は、改善の検討をします。

当座比率の算式は以下の通りです。

 

 

第一に、流動負債を圧縮です。支払いが遅延している買掛金等があれば圧縮の検討をします。

続いて、支払手形、割引手形、短期借入金の圧縮を検討します。

第二に当座資産を増加します。

流動負債の圧縮を検討した後に、当座資産の検討に入ります。適正な売掛金残高を決め、手持ちする受取手形金額をき決めると、持つべき預金額が定まります。

 

短期資金計画は、常に当座比率が100%以上になるような対策を実践することが重要です。

わかりやすい大平式資金管理メニューへ

わかりやすい大平式利益管理メニューへ


まずはお気軽にお問い合わせください!

創業から50年以上、地元豊橋を中心に、中小同族企業・中堅企業の経営をサポート!
確定申告、事業継承、相続、節税、SDGsの導入のご相談に関する質問もお気軽にお問い合わせください。

豊橋市SDGs推進パートナー制度に加入、自治体との連携で持続可能な開発目標に取り組みます!
大平会計は、健康経営優良法人2021に認定されました!
事業継続力強化計画の認定を取得、あらゆる自然災害の防災・減災に備えます。
とよはし健康宣言認定事業所として従業員の健康増進に積極的に取り組みます。

ご相談は 無料です!
フォームからのお問い合わせはこちらから
0532-53-5333 平日8:30~17:40(土日祝を除く)