大平経営会計事務所

経営情報

税務情報

事業継承・相続情報

会計情報

わかりやすい大平式資金管理
2021.07.15
自己資本比率の重要性
大平式資金管理

わかりやすい大平式資金管理

貸借対照表の資本の部を『自己資本』と呼びます。

 

 

資本の構成内容は原則として『資本金』と『保留利益』で、時価発行増資した一部の企業に限って『資本準備金』が加わります。

自己資本比率によって企業評価をすれば、一応の目安は次の表のようになります。自己資本比率は、最低20%以上必要であり、目標としては30%以上が良いと評価されます。

 

 

自己資本比率の低下は負債の増加を意味します。負債は期日が来れば支払や決済をしなければなりませんから、負債が増加すれば、企業の資金繰りは確実に悪化します。自己資本比率の低下により負債が増加すると、金利負担等が増加して企業の収益性が悪化します。

 

図:P59 ②

 

関連ページはこちら
長期的観点の資金管理の意義

わかりやすい大平式資金管理メニューへ

わかりやすい大平式利益管理メニューへ


まずはお気軽にお問い合わせください!

創業から50年以上、地元豊橋を中心に、中小同族企業・中堅企業の経営をサポート!
確定申告、事業継承、相続、節税、SDGsの導入のご相談に関する質問もお気軽にお問い合わせください。

豊橋市SDGs推進パートナー制度に加入、自治体との連携で持続可能な開発目標に取り組みます!
大平会計は、健康経営優良法人2021に認定されました!
事業継続力強化計画の認定を取得、あらゆる自然災害の防災・減災に備えます。
とよはし健康宣言認定事業所として従業員の健康増進に積極的に取り組みます。

ご相談は 無料です!
フォームからのお問い合わせはこちらから
0532-53-5333 平日8:30~17:40(土日祝を除く)