大平経営会計事務所

経営情報

税務情報

事業継承・相続情報

会計情報

未分類
2021.11.30
会計をコンピュータに任せましょう!! 3.《証ひょう照合》は、仕訳の後で行う
会計情報

1.今後、会計に極力人の手を使わないようになります

会計が次のようになります

  現金取引 → 領収書等から『スキャナー』で直接読み込み(会計)をします。

  銀行取引 → 銀行取引から『直接仕訳』(会計)がされるようになります。

 

 

2.会計処理(仕訳)の前には、《証ひょうチェック》ができません

  コンピュータが勝手に会計処理(仕訳)をするからです。

 

 

3.仕訳の全部をチェックします

  これを《仕訳の通査》と言います。

  仕訳の通査は、会計人の非常に重要な仕事になります。  

 

 

4.証ひょう照合の実施時期

  仕訳の通査時に

  必要と思われる《証ひょう照合》を実施します。