大平経営会計事務所

会計情報
2022.01.04
医療法人の最終月の未収金(国保連・社会保険庁)の計上方法を変更します

□今までの計上方法

  期   中→振込通知書の入金額を保険診療収入で処理

  最終月→国保連・社会保険診療の請求額を未収金で計上

        又は振込通知書の入金額を未収金で計上

  • 今後の計上方法

   期    中→国保連・社会保険診療の請求額にて計上

        決算月にまとめて振込通知書(入金額)との差額分を修正

        ※途中で振込通知書(入金額)の金額に修正しない

   最終月→国保連・社会保険診療の請求額を未収金で計上

        翌期の入金時に差額を保険診療収入で処理する 

◆理由

  振込通知書が申告期限

 (申告月末又は申告月の翌月初)

 ギリギリなので期限内申告に余裕を持つため