大平経営会計事務所

経営情報

税務情報

事業継承・相続情報

会計情報

グループ情報
2022.05.01
セルサポ豊橋News Letter vol.54

健康経営を目指す意義                

最近、話題になることが増えている健康経営は、企業価値の向上や業績を伸ばすために欠かせない取り組みの一つです。従業員が健康的に働き続けることができる環境を整えることで、社員のモチベーションを向上させ、労働生産性が上がるなど、企業と従業員の双方にメリットがあるものと言われています。

 

【ゴール3】すべての人に健康と福祉を

大平会計も去年に引き続き、健康経営優良法人2022中小企業部門を取得しました。
健康診断受診をスムーズに促すバックアップ体制と、検診車を手配して事務所内でインフ
ルエンザの予防接種と健康診断が受けられる取り組みをしています。
引き続き、従業員・アシスタントの心と体の健康づくりに真摯に取り組み、健康経営を
推進してまいります。

 

健康経営優良法人とは

健康経営優良法人とは、日本健康会議によって「優良な健康経営を実践している企業である」と認定された法人を指します。「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」の2部門がありそれぞれの認定基準が設けられています。中小規模法人部門の場合にはまず所属する保険者が実施する「健康宣言」に参加することが必須です。あわせて健康促進に関する自社の取り組みを申請することになります。申請された企業が健康優良法人の基準を満たしているものに対して認定を受けることができます。健康経営優良法人に認定されることで企業のイメージアップも図れ、求人や採用にも効果的であると言われています。

経済産業省は健康経営の普及促進に向けて、健康・医療新産業協議会健康投資ワーキンググループ(日本健康会議健康経営500社ワーキンググループ及び中小1万社健康宣言ワーキンググループと合同開催)において「健康経営優良法人認定制度」の設計を行っております。

大平経営会計グループは持続可能な中小企業を支援しています。